xuXuです。2002年仕事のために来日した中国人のIT技術者です。下手な日本語で日本での生活を綴っている。よろしくね♪晴れの日、カメラを持って、お出かけることは大好きです。


by oukyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

初台湾~「阿里山1日」

◆観光路線:玉山国家公園(夫妻樹、日の出、神木)→阿里山国家森林遊楽区(フリータイム)→奮起湖(フリータイム)→嘉義駅

2008.10.13 5泊6日間の旅-5日目

日の出を見るため、朝早起きして、ロビーに来た時、外はまだ暗かった。
ガイドさんがすでにそこで待っていた。ワゴンに乗って、出発!運転手も、このガイドさんだから、運転しながら、景色や物語を説明してくれた。阿里山ツアーに唯一のガイドさんだった。ほかは、運転だけで、説明などはなかった。

塔塔加夫妻樹神木
“1963年時にあった大規模な山火事で枯死したとされているが、葉を付けずにそのまま立っている姿は非常に神聖なものに映る。”

左:妻  右:夫




日の出
ワゴンは何台ここに集まってきて、観光客はここで日の出を待っている。



こんな厚い黒いグラスを配ってくれた。これを使って、日を見るんだって。ここの「日の出」とは、日が地平線から出てきた瞬間じゃなくて、日が山の後から出てきた瞬間です。だから、とてもまぶしくて、あの黒いグラスを使わないといけない。


カメラで直接に「日の出」を撮った。

黒いグラスを使って、「日の出」を撮った。

黒いグラスを使って、「日の出」を見てる私(^▽^)
後ろの影が大好き!!

「日の出」を見た後、玉山国家公園にある「鹿林神木」を案内してくれた。

神木のすぐそばにいたので、一部分しか撮れないけど、説明によると、神木の樹齢は2,700年で、台湾では第二番目の神木であるらしい。

ガイドさんの案内はここまで終わって、私たちをホテルに送った。

バイキングの中華風朝ごはん。
お粥、饅頭、味付け卵、漬物など、、、懐かしい味で、おいしかった。

阿里山国家森林遊楽区(Alishan Forest Recreation Area)
森に入って、探検は始まった!(^▽^) フリーな時間だった。

姊妹潭(Sister Ponds)


木だけど、想像力を発揮しましょう♪
三兄弟(Three Brothers)


金猪报喜(Happiness from Golden Pig)


永结同心(Forever One Heart)


さすが森公園です。


青空!!いい天気だった。


阿里山森林鉄道: 世界三大登山鉄道の一つである。
日本政府に統制された時、阿里山の木材を運ぶために、作られた登山鉄道です。現在、観光客に対して、魅力的な乗り物になっている。私も乗りたかったけど、残念ながら、台風で壊れたから、乗れなかった


ホテルをチェックアウトして、ワゴンに乗って、阿里山を降りる。ガイドさんがいないで、運転手だけだった。

奮起湖
海抜1,400メートル、阿里山森林鉄道全線の中間点にあり、弁当を買う乗客が多いことから弁当王国とも言われる。

奮起湖車庫


奮起湖ホーム


古い街 古いといっても、コンビに7/11があるよね(^^;


お昼ごはん:名物-奮起湖お弁当


奮起湖の後、運転手は嘉義駅まで私たちを送って、阿里山ツアーが終わった。きっぷを買って、高雄へ。


2008.10.12 5泊6日間の旅-4日目PM 阿里山到着

2008.10.13 5泊6日間の旅-5日目 夜 高雄
[PR]
by oukyoku | 2009-06-28 11:47 |  ∟台湾