xuXuです。2002年仕事のために来日した中国人のIT技術者です。下手な日本語で日本での生活を綴っている。よろしくね♪晴れの日、カメラを持って、お出かけることは大好きです。


by oukyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

飛行機で知り合った日本人

  北京に行く飛行機の中で、隣は日本人の女性が座っていた。彼女は一人旅だから、私たちはずっと話をしていた。彼女は天津に出張したことがあるから、中国のことを大好きで、今回は自腹で旅行に来た。帰りは北京で一日滞在する予定。彼女は北京で友達もいないし、中国語もできないから、私は一日案内をしてあげるって彼女と約束し、連絡先を渡した。

  12月28日の夜、彼女が電話をかけてくれて、私は29日の朝、彼女の泊まるホテルに行った。ホテルは家に遠くないから、バスで行った。先に行ったのは彼女の行きたい「秀水街」だった。
d0005621_2304819.jpg
「秀水街」は北京で有名な服などを販売する街だった。以前はたくさんの物を販売する屋台が狭く道の両辺に並んであって、現在は地下1階、地上7階のビルができて、屋台が全部ビルの中に入って、きれいになっている。「秀水街」に来る人の中は外国人が多いから、ここの値段がとても高いです。うまく交渉できるなら、いいものが手に入れる。

  私たちは見るだけで、買い物をしなかった。「秀水街」を出て地下鉄で私がおすすめした「雍和宮」に到着した。
d0005621_237774.jpg
  「雍和宮」は北京で最大のチベット仏教―ラマ教の寺院です。清の雍正帝の行宮だったので、皇室の寺院としても有名です。
  毎年ここに来て願いをする人が多いから、魅力的です。
  料金:25人民元

  「雍和宮」が広くて、出た時はもうお昼ご飯の時間だった。彼女がどうしても北京ダックを食べたいから、「天外天」という店にタクシーで行った。バスでどう行くかわからないから、しようがなくタクシーで。バスより高かった。

  北京ダックとして一番有名な店は「全聚徳」ですが、私は「天外天」の北京ダックもおいしいと思って、しかも値段が安いので、「天外天」に連れた。店はあんまりきれいではないですが、料理はおいしくて、裏切られなかった。北京ダックを半セット注文したほか、れんこんともち米の甘蒸し、鶏肉とキュウリの甘味噌炒めを注文して、彼女がとても満足だった。
・れんこんともち米の甘蒸し(江米藕)
d0005621_23372249.jpg

・鶏肉とキュウリの甘味噌炒め(酱爆鸡丁)
d0005621_2346286.jpg


  ご飯の後、歩いて「王府井」へ。食べすぎだから、運動は必要だ!

  彼女と日本での連絡先を交換した後、「王府井」で別れた。初めて外国語で北京で一日遊んでた。結構楽しかった!

(デジカメを持ってなかったから、写真は全てウェブページからの転載です。)
[PR]
by oukyoku | 2007-01-12 22:51 | -お出かけ