xuXuです。2002年仕事のために来日した中国人のIT技術者です。下手な日本語で日本での生活を綴っている。よろしくね♪晴れの日、カメラを持って、お出かけることは大好きです。


by oukyoku
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

板門店(パンムンジョン)ツアーに参加<見学篇②>

  ガイドさんの案内で、ここで北朝鮮を遠く眺めていた。あの青い建物は、帰らざる橋の韓国側の監視所である。遠くの建物は北朝鮮側の監視所です。1953年休戦協定を結んだ時、この橋で捕虜交換を行われて、この橋を渡ると、二度と帰ることができないという意味で「帰らざる橋」と呼ばれた。
d0005621_11395423.jpg




  バスで帰らざる橋に近づいていた。バスを降りてはいけない場所だから、車内で橋を撮った。
d0005621_11444832.jpg

  ここまで板門店の見学が終了になった。出る前、Gift Shopを案内してくれて、私は板門店のPost Card、記念切手とパッジを買った。
d0005621_12464551.jpg

  板門店を出て、ツアー最後の観光地である「自由の橋」に訪ねた。
d0005621_1261137.jpg

d0005621_1263496.jpg

  自由の橋は北朝鮮に通じられない。
d0005621_1284366.jpg

d0005621_12104063.jpg

  北朝鮮に親戚のいる韓国人は、電話でも手紙でも北朝鮮と連絡が取れないから、ここで遠くで親戚と会えようとするしかできない。
d0005621_12204957.jpg

d0005621_1221217.jpg

d0005621_12211372.jpg

  最後、板門店で撮った3枚の記念写真はパンフレットに入れられて、ツアーが私たちに販売した(T_T) もちろん値段が高いけど、二度と手に入れないものだから、24,000ウォンで買った。
d0005621_124783.jpg

  お昼ごはんの後、バスがソウル市内、出発のところに戻って、半日の板門店ツアーが正式に終了した。
[PR]
by oukyoku | 2006-09-23 11:29 |  ∟韓国