xuXuです。2002年仕事のために来日した中国人のIT技術者です。下手な日本語で日本での生活を綴っている。よろしくね♪晴れの日、カメラを持って、お出かけることは大好きです。


by oukyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

夜、東大門(トンデムン)へ

  9月15日(金曜日) 夜 東大門、清溪川(チョンゲチョン)

  ホテルの近くにFamilyMartとSevenElevenがあるから、少し荷物を整理してから、翌日の朝ごはんを買いにコンビニへ向かっていた。同僚たちも私と同じ考えだからFamilyMartの中では混んでいた。そして、ちょっと遠いところへ行ってみようって、同僚たちと東大門に行くことに決めた。もう夜の11時だから、初めて韓国の地下鉄を乗るのは大丈夫かなってちょっと心配していた。思った通り言葉は全然わからなくて、チケットを買う時困っていた。



両替:1000ウォン≒100円 と簡単に考えていいです。

<ソウルの地下鉄について>
・チケット購入

  日本と同じ、チケットの販売は自動販売機で、或いは窓口で駅員から求める、二つの買い方がある。韓国の交通料金は日本よりちょっと安く、市内はほとんど900ウォンです。しかし、チケットの販売機はコインしか使えないから、しようがなく窓口で変な発音で「トンデムン」って言いながら、1000ウォンのお札を渡した。そして、駅員が黄色のチケットと100ウォンのおつりをくれた。
d0005621_2381319.jpg
  チケットは日本のチケットより長く硬く、日付のほか全部ハングルだから駅名は書いてあるかどうかはわからない。どうしても窓口でチケットを買うのが不便だと思ったけど、慣れたら1000ウォンのお札を駅員に渡して、何も言わなくても必ずチケットとおつりをくれるから、ほっとした。しかし、韓国人だこそ、900ウォンのコインを持つ人が少ないみたい。だから、チケットの自動販売機の前は1人でもいないのに、窓口の前は長い行列ができたことはあった。やっぱり日本のほうは便利ですね。

・改札口
  韓国の改札口は日本のと違う。チケットの入れ口の上に、「▼」形のランプがあって、青の時はチケットを入れて駅に入られるが、赤の時は、駅を出る人の改札口だから、チケットを入れられない。また、900ウォンのチケットを無駄にならないよう、改札口を通る前、しっかり電車の行き方向をチェックしたほうがいい。駅名は大きなハングルで書いてあるが、その下はアルファベットと中国語もある。駅に入ってホームでは、全ての駅名は数字の番号も付いている。ハングルのわからない私たちに対して、大変助かった!または、T-Moneyというカードがあって、地下鉄だけじゃなくて、バスやタクシーなどでも「ピンッ」って簡単に使えるそうです。更に、T-Moneyカードで地下鉄に乗るなら、100ウォンのお得で、800ウォンの乗車料金です。

・線路
  ソウルの地下鉄は1号線から10号線まで、10本ある。各駅に付いている番号の命名ですが、1号線なら、101、102・・・のような頭は1の番号で、2号線なら、201、202・・・のような頭は2の番号で、私たちが泊まったホテルは2号線と5号線の交差点にあって、2号線なら208駅、5号線なら540駅、「往十里」というところだった。駅やホテルで配ったソウル地下鉄全線図でも、駅名と駅の番号が書いてあって、とても便利です。
d0005621_065847.jpg
  ↑中国語の地下鉄路線図です。

・車両
  地下鉄の車両ですが、車内は広いと感じていた。しかし、ほとんどの席は鉄製みたいで、硬い。乗車者のほか、物を売ってる人もいた。大きな声で「アンニョンハセヨ」の後、売ってる物について説明をしていた。または、メロディが出せる物を持ってて、メロディを流れながら、ゆっくり車内で通った目の不自由な人がいた。お金を求めたみたい。

・出口
  東大門運動場駅に着いて、皆が降りた。日本と違って、車両を降り、階段を登ってから何番の出口かを探す。日本では、電車を降りてすぐ出口を探さないとダメでしょう。韓国では、出口は全部上にあるから、迷わずすぐ階段を登るのは正解。出口は①、②のような数字で表示されている。

・感想
  初めて韓国の地下鉄に乗った。車内で皆が話しながら、映画「猟奇的な彼女」の中、女の主人公が酔っ払っちゃって座っている人に吐いたシーンを思い出した。いつも韓国の映画やドラマを見て、日本に似てるなぁ~と思ったけど、実際に韓国に来て、地下鉄に乗ってみたら、やっぱり日本のほうはきれいだと感じていた。韓国の地下鉄はいつ建築されたかはわからないけど、古そうです。

<清渓川のお散歩>
  駅を出て、有名な東大門市場だった。夜11時過ぎでも、人が多くて、とても賑やかだった。デパート、ファッションショップ、そして屋台。屋台を囲んで食べている人が多かった。トッポッキしか知らない私はトッポッキが食べたかった。終電に間に合わない恐れがあるから、皆と一緒に、何も買わず、はやく清渓川に向かっていた。
d0005621_23322777.jpg
  ↑東大門です。照明がなかった。

  韓国に来る前は、既にインターネットで「清渓川」を知っていた。東大門の地域では、夜景のきれいなところだそうです。ここは賑やかな東大門市場より少し静かだった。地図によると、清渓川が長いそうです。川の上は形の違う橋がいくつかかけている。夜、電球がつけられた時とてもきれい。川の両側は階段があって、階段が高いから椅子にしてもいいし、そこで座って話をしている人が多かった。もちろんほとんどはカップルであった。
d0005621_23324082.jpg
  ↑清渓川です。とても気持ちがよかった。

<コンビニについて>
  私たちは、「東大門」と「清渓川」の後、地下鉄でホテルに戻った。途中でコンビニに寄って、牛乳とパンを買った。レンジで精算する時、店員が何か聞いてくれたけど、もちろんわからなくて、何も反応はしてなかった。そして、店員はビニール袋を持って、もう一回私に聞いた。多分ビニール袋は要りますか?って聞いたと思うから、「うん!」って要るという意味を返した。店員がくれたレシートをチェックしたら、20ウォンのものがあった。多分あのビニール袋の値段だと思う。韓国では、環境保護のためにビニール袋は有料だそうです。
d0005621_092876.jpg
  ↑コンビニのレシートです。
  ちなみに、私の見た限りは、FamilyMartがとても多かった。どこでもFamilyMartが見える。そのほか、SevenElevenとMiniStopもあって、もちろん韓国自分のコンビニもある。
[PR]
by oukyoku | 2006-09-19 23:00 |  ∟韓国