xuXuです。2002年仕事のために来日した中国人のIT技術者です。下手な日本語で日本での生活を綴っている。よろしくね♪晴れの日、カメラを持って、お出かけることは大好きです。


by oukyoku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

名前(2)――後輩の苗字は、、

  「龔」―7月北京から来た後輩の苗字です。書き方は難しくて、勤務表にいつも「ゴン」と書いてある。
  実は、こんな書き方は中国の繁体字です。繁体字とは、昔から中国の全国で使われる漢字だった。現在は香港と台湾しか繁体字を使わないかも。中国大陸は繁体字の代わりに簡体字を広く使われてる。そして、「龔」の簡体字は「龚」で、発音はgong1です。



  後輩の苗字の書き方は難しくていくつか面白いことが起こった(^^)

  ・自己紹介
  ゴン君は初めて日本に来た。日本語はまだほとんど話せない。プロジェクトのメンバーの前で自己紹介の時は、名前について「ゴンの漢字は、上の部分は、烏龍茶の龍です。下の部分は共通の共です。」ってゆっくり説明した。私の向こうに座ってる日本人はすぐ裏紙に漢字を書いて、「これですか?」って見せながら確認しようとした。
  裏紙に書いた漢字を見た時笑っちゃった。同僚が書いたのは、上は「烏」+下は「共」だった。この漢字は全然見たことはない(^o^) 面白かった!

  ・名前の登録
  歓迎会で日本人の同僚から聞いたことだった。
  現場は従業員を管理するため、システムに名前や会社名などの登録は必要だ。ゴン君の苗字が難しくて、登録の時システムはエラーになっちゃって、ダウンだった。
  今のプロジェクトにもユーザー登録の画面がある。そして、日本人の同僚はその画面で「龔」を登録してみて、エラーになるかをテストしましょうって冗談の話をした(^^)

  ・メールの宛先
  現場でOutLookを使ってる。名前はメールアドレスとつながってるから、宛先に名前の漢字を入力するのもできる。
  ある日、日本人の同僚のメールが届いた。しかし、文字が読めるけど変だった。同僚はゴン君の名前を宛先に打ったから、メールの文字がこうなったって。文字コードを調べたら、やっぱり「中国簡体字」だった^^;
  
[PR]
by oukyoku | 2005-07-31 00:31 | +日常茶飯事